スマートカード認証の管理

Red Hat Enterprise Linux 9

スマートカード認証の設定と使用

Red Hat Customer Content Services

概要

Red Hat Identity Management (IdM) を使用すると、秘密鍵と証明書の形で認証情報をスマートカードに保存できます。これにより、パスワードの代わりにこのスマートカードを使用してサービスに対する認証を行うことができます。管理者はマッピングルールを設定して、管理オーバーヘッドを削減できます。