Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第1章 スマートカード認証について

スマートカードに基づいた認証は、パスワードの代替手段です。ユーザー認証情報は、秘密鍵と証明書の形式でスマートカードに格納され、特別なソフトウェアやハードウェアを使用してその鍵にアクセスします。スマートカードをリーダーまたは USB ポートに挿入して、パスワードを入力する代わりに、スマートカードの PIN コードを入力します。

このセクションでは、スマートカードとは何か、およびスマートカード認証のしくみについて説明します。スマートカードコンテンツの読み取りと操作に使用できるツールについて説明します。また、サンプルのユースケースを提供し、スマートカード認証のための IdM サーバーと IdM クライアントの両方のセットアップについて説明します。

注記

スマートカード認証の使用を開始する場合は、ハードウェアの要件を参照してください。RHEL9 でのスマートカードのサポート

1.1. スマートカードとは

スマートカードは物理デバイスであり、通常はマイクロプロセッサーを搭載したプラスチックカードであり、カードに格納された証明書を使用して個人認証を行うことができます。個人認証とは、ユーザーパスワードと同じ方法でスマートカードを使用できることを意味します。

ユーザー認証情報は、秘密鍵と証明書の形式でスマートカードに格納され、特別なソフトウェアやハードウェアを使用してその鍵にアクセスします。スマートカードをリーダーまたは USB ソケットに挿入して、パスワードを入力する代わりに、スマートカードの PIN コードを入力します。