Identity Management でのレプリケーションの管理

Red Hat Enterprise Linux 9

レプリケーション環境の準備および検証

Red Hat Customer Content Services

概要

Red Hat Identity Management (IdM) 環境では、レプリケーションによりフェイルオーバーとロードバランシングが可能になります。コマンドライン、Web UI、および Ansible Playbook を使用して、サーバー間のレプリケーションを設定、検証、および停止できます。