第18章 early kdump を使用した起動時間クラッシュの取得

Early kdump は、kdump メカニズムの機能です。システムサービスが起動する前の起動プロセス初期段階でシステムまたはカーネルのクラッシュが発生した場合に、vmcore ファイルをキャプチャーします。Early kdump は、クラッシュカーネルおよびクラッシュカーネルの initramfs を早い段階でメモリーにロードします。

18.1. early kdump の概要

カーネルクラッシュは、kdump サービスが起動する前のブート初期段階で発生することがあります。その場合、kdump はクラッシュしたカーネルメモリーの内容をキャプチャーして保存できません。そのため、トラブルシューティングに重要なクラッシュ関連の情報が失われます。この問題に対処するには、kdump サービスの一部である early kdump 機能を使用できます。