第15章 サポートしている kdump の設定とダンプ出力先

kdump メカニズムは、カーネルクラッシュの発生時にクラッシュダンプファイルを生成する Linux カーネルの機能です。カーネルダンプファイルには、カーネルクラッシュの根本原因の分析と特定に役立つ重要な情報が含まれています。クラッシュは、さまざまな要素、ハードウェアの問題、またはサードパーティーのカーネルモジュールの問題によっていくつかの名前が指定された可能性があります。

提供される情報と手順を使用すると、Red Hat Enterprise Linux 9 システムでサポートされている設定とターゲットを理解し、kdump を適切に設定し、その動作を検証します。

15.1. kdump メモリー要件

kdump がカーネルクラッシュダンプをキャプチャーし、さらなる分析のために保存するには、システムメモリーの一部をキャプチャーカーネル用に永続的に予約しておく必要があります。予約されている場合、システムメモリーのこの部分はメインカーネルでは使用できません。

メモリー要件は、特定のシステムパラメーターによって異なります。主な要因は、システムのハードウェアアーキテクチャーです。正確なマシンアーキテクチャー (Intel 64 や AMD64 (x86_64) など) を調べ、それを標準出力に出力するには、以下のコマンドを使用します。

$ uname -m

下記の最小メモリー要件のリストを使用して、利用可能な最新バージョンで kdump 用のメモリーを自動的に予約するための適切なメモリーサイズを設定できます。メモリーサイズは、システムのアーキテクチャーと利用可能な物理メモリーの合計によって異なります。

表15.1 kdump 用に必要な最小予約メモリー

アーキテクチャー使用可能なメモリー最小予約メモリー

AMD64 と Intel 64 (x86_64)

1 GB から 4 GB

192 MB のメモリー

4 GB から 64 GB

256 MB のメモリー

64 GB 以上

512 MB のメモリー

64 ビット ARM (4k ページ)

1 GB から 4 GB

256 MB の RAM

4 GB から 64 GB

320 MB の RAM

64 GB 以上

576 MB の RAM

64 ビット ARM (64k ページ)

1 GB から 4 GB

356 MB の RAM

4 GB から 64 GB

420 MB の RAM

64 GB 以上

676 MB の RAM

IBM Power Systems (ppc64le)

2 GB から 4 GB

384 MB のメモリー

4 GB から 16 GB

512 MB のメモリー

16 GB から 64 GB

1 GB のメモリー

64 GB から 128 GB

2 GB のメモリー

128 GB 以上

4 GB のメモリー

IBM Z (s390x)

1 GB から 4 GB

192 MB のメモリー

4 GB から 64 GB

256 MB のメモリー

64 GB 以上

512 MB のメモリー

多くのシステムでは、kdump は必要なメモリー量を予測して、自動的に予約できます。この動作はデフォルトで有効になっていますが、利用可能な合計メモリーサイズが一定以上搭載されているシステムに限られます。この自動割り当て動作に必要なメモリーサイズはシステムのアーキテクチャーによって異なります。

重要

システムのメモリー合計量に基づく予約メモリーの自動設定は、ベストエフォート予測です。実際に必要なメモリーは、I/O デバイスなどの他の要素により異なる場合があります。メモリーが十分でない場合は、カーネルパニックが発生したときにデバッグカーネルがキャプチャーカーネルとして起動できなくなる可能性があります。この問題を回避するには、クラッシュカーネルメモリーを十分なサイズにします。