15.5. 対応しているデフォルトの障害応答

デフォルトでは、kdump がコアダンプを作成できない場合、オペレーティングシステムが再起動します。ただし、コアダンプをプライマリーターゲットに保存できない場合は、kdump が別の操作を実行するように設定できます。

dump_to_rootfs
root ファイルシステムにコアダンプの保存を試行します。ネットワーク上のダンプ出力先と併用する場合に特に便利なオプションです。ネットワーク上のダンプ出力先にアクセスできない場合、ローカルにコアダンプを保存するよう kdump の設定を行います。システムは、後で再起動します。
reboot
システムを再起動します。コアダンプは失われます。
halt
システムを停止します。コアダンプは失われます。
poweroff
システムの電源を切ります。コアダンプは失われます。
shell
initramfs 内から shell セッションを実行して、ユーザーが手動でコアダンプを記録できるようにします。
final_action
kdump の成功後、または shell または dump_to_rootfs の失敗アクションの完了時に、reboothalt および poweroff アクションなどの追加の操作を有効にします。デフォルトの final_action オプションは reboot です。
failure_action
カーネルがクラッシュした場合にダンプが失敗する可能性がある場合に実行するアクションを指定します。デフォルトの failure_action オプションは reboot です。