13.11. 暗号化されたディスクがあるシステムでの kdump の実行

LUKS 暗号化パーティションを実行すると、システムで利用可能なメモリーが一定量必要になります。システムが必要なメモリー量を下回ると、cryptsetup ユーティリティーがパーティションのマウントに失敗します。その結果、2 番目のカーネル (キャプチャーカーネル) で、暗号化したターゲットの場所に vmcore ファイルをキャプチャーできませんでした。

kdumpctl estimate コマンドは、kdump に必要なメモリーの量を見積もるのに役立ちます。kdumpctl estimate 値は、推奨される crashkernel 値を出力します。これは、kdump に必要な最適なメモリーサイズです。

推奨の crashkernel 値は、現在のカーネルサイズ、カーネルモジュール、initramfs、および暗号化したターゲットメモリー要件に基づいて計算されます。

カスタムの crashkernel= オプションを使用している場合には、kdumpctl estimateLUKS required size 値を出力します。この値は、LUKS 暗号化ターゲットに必要なメモリーサイズです。

手順

  1. crashkernel= の推定値を出力します。

    # *kdumpctl estimate*
    
    Encrypted kdump target requires extra memory, assuming using the keyslot with minimum memory requirement
       Reserved crashkernel:    256M
       Recommended crashkernel: 652M
    
       Kernel image size:   47M
       Kernel modules size: 8M
       Initramfs size:      20M
       Runtime reservation: 64M
       LUKS required size:  512M
       Large modules: <none>
       WARNING: Current crashkernel size is lower than recommended size 652M.
  2. crashkernel= の値を増やして、必要なメモリー量を設定します。
  3. システムを再起動します。
注記

それでも kdump がダンプファイルを暗号化したターゲットに保存できない場合は、必要に応じて crashkernel= を増やしてください。