3.2. カーネルモジュールの依存関係

特定のカーネルモジュールは、複数の他のカーネルモジュールに依存する場合があります。/lib/modules/<KERNEL_VERSION>/modules.dep ファイルには、各カーネルバージョンに対するカーネルモジュールの依存関係の完全なリストが含まれます。

depmod

依存関係ファイルは、kmod パッケージの一部である depmod プログラムにより生成されます。kmod によるユーティリティーの多くは、操作を実行する際にモジュールの依存関係を考慮に入れるため、手動 で依存関係を追跡する必要はほとんどありません。

警告

カーネルモジュールのコードは、制限のないモードのカーネルスペースで実行されます。そのため、読み込むモジュールに注意してください。

weak-modules

depmod に加えて、Red Hat Enterprise Linux は、同じく kmod パッケージに同梱されている weak-modules スクリプトを提供します。weak-modules は、どのモジュールがインストールされたカーネルと kABI 互換であるかを決定します。モジュールカーネルの互換性をチェックしている間、weak-modules はモジュールシンボルの依存関係を、それらがビルドされたカーネルの上位リリースから下位リリースへと処理します。これは、weak-modules がビルド対象のカーネルリリースとは無関係に各モジュールを処理することを意味します。