第8章 仮想化環境でカーネルパニックのパラメーターを無効のままにする

RHEL 9 に仮想マシンを設定する場合は、仮想マシンで偽ソフトロックアップが発生する可能性があるため、カーネルパラメーター softlockup_panic および nmi_watchdog を有効にしないでください。また、カーネルパニックは必要ありません。

以下のセクションで、このアドバイスの背後にある理由を見つけてください。

8.1. ソフトロックアップとは

ソフトロックアップは、通常、タスクが再スケジュールされずに CPU のカーネル領域で実行しているときにバグによって生じる状況です。また、このタスクは、その他のタスクがその特定の CPU で実行することを許可しません。これにより、警告が、システムコンソールを介してユーザーに表示されます。この問題は、ソフトロックアップの発生 (fire) とも呼ばれます。