12.2. Anaconda を使用した kdump のインストール

Anaconda インストーラーでは、対話式インストール時に kdump 設定用のグラフィカルインターフェイス画面が表示されます。インストーラー画面のタイトルは KDUMP で、メインの インストールの概要 画面から利用できます。kdump を有効にして、必要な量のメモリーを予約できます。

手順

  1. KDUMP フィールドで、kdump がまだ有効になっていない場合は有効にします。

    RHEL インストール時の kdump の有効化
  2. メモリー予約をカスタマイズする必要がある場合は、Kdump Memory ReservationManual を選択します。
  3. KDUMP フィールドの Memory To Be Reserved (MB) で、kdump に必要なメモリー予約を設定します。

    メモリー設定