13.8. システムクラッシュ後に kdump によって生成されるファイル

システムがクラッシュすると、kdump サービスは、カーネルメモリーをダンプファイル (vmcore) にキャプチャーします。また、トラブルシューティングと事後分析に役立つ追加の診断ファイルを生成します。

kdump によって生成されるファイル:

  • vmcore - クラッシュ時のシステムメモリーを含む主なカーネルメモリーダンプファイル。これには、kdump 設定で指定されている core_collector プログラムの設定に従ってデータが追加されます。デフォルトでは、カーネルデータ構造、プロセス情報、スタックトレース、およびその他の診断情報が含まれます。
  • vmcore-dmesg.txt - パニックになったプライマリーカーネルからのカーネルリングバッファーログ (dmesg) の内容。
  • kexec-dmesg.log - vmcore データを収集するセカンダリーの kexec カーネルの実行に基づくカーネルおよびシステムログメッセージが含まれます。