第14章 kdump の有効化

Red Hat Enterprise Linux 9 システムの場合、特定のカーネルまたはインストールされているすべてのカーネルで kdump 機能を有効または無効にするように設定できます。ただし、kdump 機能を定期的にテストし、適切に動作していることを検証する必要があります。

14.1. インストールされているすべてのカーネルでの kdump の有効化

kdump サービスは、kexec ツールのインストール後に kdump.service を有効にすることで起動します。マシンにインストールされているすべてのカーネルに対して、kdump を有効にして起動できます。

前提条件

  • 管理者権限がある。

手順

  1. インストールしたすべてのカーネルに crashkernel= コマンドラインパラメーターを追加します。

    # grubby --update-kernel=ALL --args="crashkernel=xxM"

    xxM は必要なメモリー (メガバイト単位) です。

  2. kdump を有効にします。

    # systemctl enable --now kdump.service

検証

  • kdump が実行されていることを確認します。

    # systemctl status kdump.service
    
    ○ kdump.service - Crash recovery kernel arming
         Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/kdump.service; enabled; vendor preset: disabled)
         Active: active (live)