16.2. ファームウェア支援ダンプメカニズムの有効化

IBM POWER システムのクラッシュダンプ機能は、ファームウェア支援ダンプ (fadump) メカニズムを有効にすることで強化できます。

セキュアブート環境では、GRUB ブートローダーは、Real Mode Area (RMA) と呼ばれるブートメモリー領域を割り当てます。RMA のサイズは 512 MB で、ブートコンポーネント間で分割されます。コンポーネントがサイズの割り当てを超えると、GRUB はメモリー不足 (OOM) エラーで失敗します。

警告

RHEL 9.1 以前のバージョンのセキュアブート環境では、ファームウェア支援ダンプ (fadump) メカニズムを有効にしないでください。GRUB ブートローダーが次のエラーで失敗します。

error: ../../grub-core/kern/mm.c:376:out of memory.
Press any key to continue…

システムは、fadump 設定のためにデフォルトの initramfs サイズを増やした場合にのみ回復可能です。

システムを回復するための回避策については、記事 System boot ends in GRUB Out of Memory (OOM) を参照してください。

前提条件

  • システムの root 権限がある。

手順

  1. kexec-tools パッケージをインストールします。
  2. crashkernel のデフォルト値を設定します。

    # kdumpctl reset-crashkernel --fadump=on --kernel=ALL
  3. (オプション) デフォルト値の代わりにブートメモリーを予約します。

    # grubby --update-kernel ALL --args="fadump=on crashkernel=xxM"

    xxM は必要なメモリーサイズ (メガバイト単位) です。

    注記

    ブート設定オプションを指定するときは、kdump を有効にしてカーネルを再起動して設定をテストします。kdump カーネルの起動に失敗した場合は、crashkernel の値を徐々に増やして、適切な値を設定します。

  4. 変更を有効にするために再起動します。

    # reboot