13.3. kdump ターゲットの設定

クラッシュダンプは通常、ローカルファイルシステムにファイルとして保存され、デバイスに直接書き込まれます。または、NFS プロトコルまたは SSH プロトコルを使用して、ネットワーク経由でクラッシュダンプを送信するように設定できます。クラッシュダンプファイルを保存するオプションは、一度に 1 つだけ設定できます。デフォルトの動作では、ローカルファイルシステムの /var/crash/ ディレクトリーに保存されます。

前提条件

手順

  • ローカルファイルシステムの /var/crash/ ディレクトリーにクラッシュダンプファイルを保存するには、/etc/kdump.conf ファイルを変更して、パスを指定します。

    path /var/crash

    path /var/crash オプションは、kdump がクラッシュダンプファイルを保存するファイルシステムへのパスを表します。

    注記
    • /etc/kdump.conf ファイルでダンプターゲットを指定すると、path は指定されたダンプ出力先に対する相対パスになります。
    • /etc/kdump.conf ファイルでダンプターゲットを指定しない場合、パスはルートディレクトリーからの 絶対 パスを表します。

    現在のシステムにマウントされている内容に応じて、ダンプターゲットと調整されたダンプパスが自動的に適用されます。

    kdump によって生成されるクラッシュダンプファイルと付随するファイルを保護するには、ユーザー権限や SELinux コンテキストなど、ターゲットの宛先ディレクトリーの属性を適切に設定する必要があります。さらに、次のように kdump.conf ファイルで kdump_post.sh などのスクリプトを定義することもできます。

    kdump_post <path_to_kdump_post.sh>

    kdump_post ディレクティブは、kdump がクラッシュダンプの取得と指定の保存先への保存を完了した 後に 実行されるシェルスクリプトまたはコマンドを指定するものです。このメカニズムを使用すると、kdump の機能を拡張して、ファイル権限の調整などの操作を実行できます。

例13.1 kdump ターゲット設定

# grep -v ^# /etc/kdump.conf | grep -v ^$
ext4 /dev/mapper/vg00-varcrashvol
path /var/crash
core_collector makedumpfile -c --message-level 1 -d 31

ここでは、ダンプターゲットが指定されているため (ext4/dev/mapper/vg00-varcrashvol)、/var/crash にマウントされます。path オプションも /var/crash に設定されているため、kdumpvmcore ファイルを /var/crash/var/crash ディレクトリーに保存します。

  • クラッシュダンプを保存するローカルディレクトリーを変更するには、root として /etc/kdump.conf 設定ファイルを編集します。

    1. #path /var/crash の行頭にあるハッシュ記号 (#) を削除します。
    2. 値を対象のディレクトリーパスに置き換えます。以下に例を示します。

      path /usr/local/cores
      重要

      Red Hat Enterprise Linux 9 では、失敗を避けるために、path ディレクティブを使用して kdump ターゲットとして定義されたディレクトリーが kdump systemd サービスの起動時に存在していなければなりません。この動作は、サービスの起動時にディレクトリーが存在しなかった場合はディレクトリーが自動的に作成されていた RHEL の以前のバージョンとは異なります。

  • ファイルを別のパーティションに書き込むには、/etc/kdump.conf 設定ファイルを編集します。

    1. 必要に応じて #ext4 の行頭にあるハッシュ記号 (#) を削除します。

      • デバイス名 (#ext4 /dev/vg/lv_kdump 行)
      • ファイルシステムラベル (#0ext4 LABEL=/boot 行)
      • UUID (#ext4 UUID=03138356-5e61-4ab3-b58e-27507ac41937 の行)
    2. ファイルシステムタイプとデバイス名、ラベル、または UUID を必要な値に変更します。UUID 値を指定するための正しい構文は、UUID="correct-uuid"UUID=correct-uuid の両方です。以下に例を示します。

      ext4 UUID=03138356-5e61-4ab3-b58e-27507ac41937
      重要

      LABEL= または UUID= を使用してストレージデバイスを指定することが推奨されます。/dev/sda3 などのディスクデバイス名は、再起動した場合に一貫性が保証されません。

      IBM Z ハードウェアで Direct Access Storage Device (DASD) を使用する場合は、kdump に進む前に、ダンプデバイスが /etc/dasd.conf で正しく指定されていることを確認してください。

  • クラッシュダンプを直接書き込むには、/etc/kdump.conf 設定ファイルを修正します。

    1. #raw /dev/vg/lv_kdump の行頭にあるハッシュ記号 (#) を削除します。
    2. 値を対象のデバイス名に置き換えます。以下に例を示します。

      raw /dev/sdb1
  • NFS プロトコルを使用してクラッシュダンプをリモートマシンに保存するには、次の手順を実行します。

    1. #nfs my.server.com:/export/tmp の行頭にあるハッシュ記号 (#) を削除します。
    2. 値を、正しいホスト名およびディレクトリーパスに置き換えます。以下に例を示します。

      nfs penguin.example.com:/export/cores
    3. 変更を有効にするには、kdump サービスを再起動します。

      sudo systemctl restart kdump.service
      注記

      NFS ディレクティブを使用して NFS ターゲットを指定すると、kdump.service が自動的に NFS ターゲットをマウントしてディスク容量をチェックしようとします。事前に NFS ターゲットをマウントする必要はありません。kdump.service によるターゲットのマウントを防ぐには、kdump.confdracut_args --mount ディレクティブを使用して、kdump.service が NFS ターゲットを指定する --mount 引数とともに dracut ユーティリティーを呼び出すようにしてください。

  • SSH プロトコルを使用してクラッシュダンプをリモートマシンに保存するには、次の手順を実行します。

    1. #ssh user@my.server.com の行頭にあるハッシュ記号 (#) を削除します。
    2. 値を正しいユーザー名およびホスト名に置き換えます。
    3. SSH キーを設定に含めます。

      1. #sshkey /root/.ssh/kdump_id_rsa の行頭にあるハッシュ記号 ("#") を削除します。
      2. 値を、ダンプ先のサーバー上の正しいキーの場所に変更します。以下は例になります。

        ssh john@penguin.example.com
        sshkey /root/.ssh/mykey