4.7. GRUB 設定ファイルを使用したブートエントリーの変更

/etc/default/grub GRUB 設定ファイルには、Linux カーネルのブートエントリーに追加するカーネルコマンドライン引数をリスト表示する GRUB_CMDLINE_LINUX キーが含まれます。以下に例を示します。

GRUB_CMDLINE_LINUX="crashkernel=1G-4G:192M,4G-64G:256M,64G-:512M resume=/dev/mapper/rhel-swap rd.lvm.lv=rhel/root rd.lvm.lv=rhel/swap"

ブートエントリーを変更するには、ブートローダー仕様 (BLS) スニペットを GRUB_CMDLINE_LINUX 値の内容で上書きします。

前提条件

  • 新規の RHEL 9 インストールである。

手順

  1. grubby を使用して、インストール後のスクリプトで個々のカーネルのカーネルパラメーターを追加または削除します。

    # grubby --update-kernel <PATH_TO_KERNEL> --args "<NEW_ARGUMENTS>"

    たとえば、選択したカーネルに noapic パラメーターを追加します。

    # grubby --update-kernel /boot/vmlinuz-5.14.0-362.8.1.el9_3.x86_64 --args "noapic"

    パラメーターは BLS スニペットには伝播しますが、/etc/default/grub ファイルには伝播しません。

  2. /etc/default/grub ファイルに存在する GRUB_CMDLINE_LINUX 値の内容で BLS スニペットを上書きします。

    # grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg --update-bls-cmdline
    Generating grub configuration file …​
    Adding boot menu entry for UEFI Firmware Settings …​
    done
    注記

    GRUB_TIMEOUT キー (/etc/default/grub GRUB 設定ファイルにも含まれています) に加えられた変更など、その他の変更は、デフォルトで新しい grub.cfg に伝搬します。

検証

  1. オペレーティングシステムを再起動します。
  2. パラメーターが /proc/cmdline ファイルに含まれていることを確認します。

    たとえば、/proc/cmdline には、noapic カーネルパラメーターが含まれています。

    BOOT_IMAGE=(hd0,gpt2)/vmlinuz-4.18.0-425.3.1.el8.x86_64 root=/dev/mapper/RHELCSB-Root ro vconsole.keymap=us crashkernel=auto rd.lvm.lv=RHELCSB/Root rd.luks.uuid=luks-d8a28c4c-96aa-4319-be26-96896272151d rhgb quiet noapic rd.luks.key=d8a28c4c-96aa-4319-be26-96896272151d=/keyfile:UUID=c47d962e-4be8-41d6-8216-8cf7a0d3b911 ipv6.disable=1