6.2. kernel_settings ロールを使用した選択したカーネルパラメーターの適用

以下の手順に従って、Ansible Playbook を準備および適用し、複数の管理システムで永続化の影響でカーネルパラメーターをリモートに設定します。

前提条件

  • 制御ノードと管理ノードを準備している
  • 管理対象ノードで Playbook を実行できるユーザーとしてコントロールノードにログインしている。
  • 管理対象ノードへの接続に使用するアカウントに、そのノードに対する sudo 権限がある。

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    ---
    - name: Configure kernel settings
      hosts: managed-node-01.example.com
      roles:
        - rhel-system-roles.kernel_settings
      vars:
        kernel_settings_sysctl:
          - name: fs.file-max
            value: 400000
          - name: kernel.threads-max
            value: 65536
        kernel_settings_sysfs:
          - name: /sys/class/net/lo/mtu
            value: 65000
        kernel_settings_transparent_hugepages: madvise
    • name: 任意の文字列をラベルとしてプレイに関連付け、プレイの対象を特定するオプションのキー。
    • hosts: プレイを実行するホストを指定するプレイ内のキー。このキーの値または値は、マネージドホストの個別名または inventory ファイルで定義されているホストのグループとして指定できます。
    • vars: 選択したカーネルパラメーター名と、それらに対して設定する必要がある値を含む変数のリストを表す Playbook のセクション。
    • role: vars セクションで指定されたパラメーターと値を設定する RHEL システムロールを指定するキー。

      注記

      必要に応じて、Playbook のカーネルパラメーターとその値を変更することができます。

  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml
  4. マネージドホストを再起動して、影響を受けるカーネルパラメーターをチェックし、変更が適用され、再起動後も維持されていることを確認します。

関連情報