20.4. 失効リストのオンライン更新の適用

システム上のセキュアブート失効リストを更新することにより、セキュアブートで既知のセキュリティー問題を防止できます。この手順は安全であり、更新によってシステムの起動が妨げられることはありません。

前提条件

  • システムが更新のためにインターネットにアクセスできる。

手順

  1. 失効リストの現在のバージョンを確認します。

    # fwupdmgr get-devices

    UEFI dbx の下の Current version フィールドを確認します。

  2. LVFS 失効リストリポジトリーを有効にします。

    # fwupdmgr enable-remote lvfs
  3. リポジトリーのメタデータを更新します。

    # fwupdmgr refresh
  4. 失効リストの更新を適用します。

    • コマンドラインの場合:

      # fwupdmgr update
    • グラフィカルインターフェイスの場合:

      1. Software アプリケーションを開きます。
      2. Updates タブに移動します。
      3. Secure Boot dbx Configuration Update エントリーを見つけます。
      4. Update をクリックします。
  5. 更新の最後に、fwupdmgr または ソフトウェア がシステムの再起動を要求します。再起動を確認します。

検証

  • 再起動後、失効リストの現在のバージョンを再度確認します。

    # fwupdmgr get-devices