第54章 Ansible を使用して IdM ユーザーの認証を外部アイデンティティープロバイダーに委譲する

idp ansible-freeipa モジュールを使用して、OAuth 2 デバイス認証フローをサポートする外部アイデンティティープロバイダー (IdP) にユーザーを関連付けることができます。IdP 参照と関連付けられた IdP ユーザーの ID が存在する場合は、それらを使用して、useransible-freeipa モジュールにより IdM ユーザーの IdP 認証を有効にすることができます。

その後、これらのユーザーが RHEL 9.1 以降で利用可能な SSSD バージョンで認証すると、外部 IdP で認証と認可が実行された後、Kerberos チケットを使用した RHEL Identity Management (IdM) シングルサインオン機能がユーザーに提供されます。

54.1. IdM を外部 IdP に接続する利点

管理者は、クラウドサービスプロバイダーなどの外部 ID ソースに保存されているユーザーが、Identity Management (IdM) 環境に追加された RHEL システムにアクセスできるようにすることができます。そのために、これらのユーザーの Kerberos チケットを発行する認証および認可プロセスをその外部エンティティーに委任できます。

この機能を使用して IdM の機能を拡張し、外部 ID プロバイダー (IdP) に保存されているユーザーが IdM によって管理される Linux システムにアクセスできるようにすることができます。