Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

13.4.4. IdM サービスの Kerberos サービスチケットの取得

以下の手順では、IdM サービスの Kerberos サービスチケットを取得する方法を説明します。この手順を使用して、特定の Kerberos 認証インジケーターが Ticket-Granting Ticket (TGT) に存在することを強制するなど、Kerberos チケットポリシーをテストできます。

前提条件

手順

  • サービスチケットを取得するには、kvno コマンドに -S オプションを指定して、IdM サービスの名前と管理するホストの完全修飾ドメイン名を指定します。

    [root@server ~]# kvno -S testservice client.example.com
    testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM: kvno = 1
注記

IdM サービスにアクセスする必要があり、現在の Ticket-Granting Ticket (TGT) に必要な Kerberos 認証インジケーターが関連付けられていない場合は、kdestroy コマンドで現在の Kerberos 認証情報キャッシュを消去し、新しい TGT を取得します。

[root@server ~]# kdestroy

たとえば、パスワードを使用して認証し、pkinit 認証インジケーターが関連付けられた IdM サービスにアクセスする必要がある場合は、現在の認証情報キャッシュを破棄し、スマートカードで再認証します。Kerberos 認証インジケーター を参照してください。

検証手順

  • klist コマンドを使用して、サービスチケットがデフォルトの Kerberos 認証情報キャッシュにあることを確認します。

    [root@server etc]# klist_
    Ticket cache: KCM:1000
    Default principal: admin@EXAMPLE.COM
    
    Valid starting       Expires              Service principal
    04/01/2020 12:52:42  04/02/2020 12:52:39  krbtgt/EXAMPLE.COM@EXAMPLE.COM
    04/01/2020 12:54:07 04/02/2020 12:52:39 testservice/client.example.com@EXAMPLE.COM