第28章 Stratis ファイルシステムでのスナップショットの使用

Stratis ファイルシステムのスナップショットを使用して、ファイルシステムの状態を任意の時点でキャプチャーし、後でそれを復元できます。

28.1. Stratis スナップショットの特徴

Stratis では、スナップショットは、別の Stratis ファイルシステムのコピーとして作成した通常の Stratis ファイルシステムです。スナップショットには、元のファイルシステムと同じファイルの内容が含まれていますが、スナップショットが変更するときにファイル内容が変更する可能性があります。スナップショットにどんな変更を加えても、元のファイルシステムには反映されません。

Stratis の現在のスナップショット実装は、次のような特徴があります。

  • ファイルシステムのスナップショットは別のファイルシステムです。
  • スナップショットと元のファイルシステムのリンクは、有効期間中は行われません。スナップショットされたファイルシステムは、元のファイルシステムよりも長く存続します。
  • スナップショットを作成するためにファイルシステムをマウントする必要はありません。
  • 各スナップショットは、XFS ログに必要となる実際のバッキングストレージの約半分のギガバイトを使用します。