25.15. Stratis ファイルシステムの永続的なマウント

この手順では、Stratis ファイルシステムを永続的にマウントして、システムが起動した後に自動的に利用できるようにします。

前提条件

手順

  1. ファイルシステムの UUID 属性を調べます。

    $ lsblk --output=UUID /dev/stratis/my-pool/my-fs

    以下に例を示します。

    例25.2 Stratis ファイルシステムの UUID の表示

    $ lsblk --output=UUID /dev/stratis/my-pool/fs1
    
    UUID
    a1f0b64a-4ebb-4d4e-9543-b1d79f600283
  2. このマウントポイントのディレクトリーがない場合は、作成します。

    # mkdir --parents mount-point
  3. root で /etc/fstab ファイルを編集し、ファイルシステムに行を追加します (UUID で識別されます)。xfs をファイルシステムのタイプとして使用し、x-systemd.requires=stratisd.service オプションを追加します。

    以下に例を示します。

    例25.3 /etc/fstab の /fs1 マウントポイント

    UUID=a1f0b64a-4ebb-4d4e-9543-b1d79f600283 /fs1 xfs defaults,x-systemd.requires=stratisd.service 0 0
  4. システムが新しい設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。

    # systemctl daemon-reload
  5. ファイルシステムをマウントして、設定が機能することを確認します。

    # mount mount-point