4.4. エクスポートされたファイルシステムのファイル権限

エクスポートされたファイルシステムのファイル権限によって、NFS 経由でファイルとディレクトリーにアクセスするクライアントのアクセス権が決まります。

NFS ファイルシステムがリモートホストによってマウントされると、各共有ファイルに対する保護がファイルシステムの権限だけになります。同じユーザー ID (UID) の値を共有する 2 つのユーザーが、異なるクライアントシステムに同じ NFS ファイルシステムをマウントした場合、そのユーザーはお互いのファイルを変更できます。

NFS は、クライアント上の root ユーザーをサーバー上の root ユーザーと同等のものとして扱います。ただし、NFS サーバーは、NFS 共有にアクセスするときに、デフォルトで rootnobody アカウントにマップします。この動作は root_squash オプションにより制御します。

関連情報

  • exports(5) man ページ