2.8. storage RHEL システムロールを使用して LVM 上の既存のファイルシステムのサイズを変更する

このサンプル Ansible Playbook は、storage RHEL システムロールを適用して、ファイルシステムを持つ LVM 論理ボリュームのサイズを変更します。

前提条件

  • 制御ノードと管理ノードを準備している
  • 管理対象ノードで Playbook を実行できるユーザーとしてコントロールノードにログインしている。
  • 管理対象ノードへの接続に使用するアカウントに、そのノードに対する sudo 権限がある。

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    ---
    - name: Create LVM pool over three disks
      hosts: managed-node-01.example.com
      tasks:
        - name: Resize LVM logical volume with file system
          ansible.builtin.include_role:
            name: rhel-system-roles.storage
          vars:
            storage_pools:
              - name: myvg
                disks:
                  - /dev/sda
                  - /dev/sdb
                  - /dev/sdc
                volumes:
                  - name: mylv1
                    size: 10 GiB
                    fs_type: ext4
                    mount_point: /opt/mount1
                  - name: mylv2
                    size: 50 GiB
                    fs_type: ext4
                    mount_point: /opt/mount2

    この Playbook は、以下の既存のファイルシステムのサイズを変更します。

    • /opt/mount1 にマウントされる mylv1 ボリュームの Ext4 ファイルシステムは、そのサイズを 10 GiB に変更します。
    • /opt/mount2 にマウントされる mylv2 ボリュームの Ext4 ファイルシステムは、そのサイズを 50 GiB に変更します。
  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

関連情報

  • /usr/share/ansible/roles/rhel-system-roles.storage/README.md ファイル
  • /usr/share/doc/rhel-system-roles/storage/ ディレクトリー