Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第11章 IdM CA 更新サーバーの使用

11.1. IdM CA 更新サーバーの説明

組み込みの認証局 (CA) を使用する Identity Management (IdM) デプロイメントでは、CA 更新サーバーが IdM システム証明書を維持および更新します。IdM デプロイメントを確実に堅牢化します。

IdM システム証明書には、以下が含まれます。

  • IdM CA 認証
  • OCSP 署名証明書
  • IdM CA サブシステム 証明書
  • IdM CA 監査署名 証明書
  • IdM 更新エージェント (RA) 証明書
  • KRA トランスポート証明書およびストレージ証明書

システム証明書の特徴は、鍵がすべての CA レプリカで共有されることです。一方、IdM サービス証明書 (LDAP 証明書、HTTP 証明書、PKINIT 証明書など) には、さまざまな IdM CA サーバーに、さまざまな鍵ペアと発行先名があります。

IdM トポロジーでは、デフォルトで、最初の IdM CA サーバーが CA 更新サーバーになります。

注記

IdM CA は、アップストリームのドキュメントでは Dogtag と呼ばれています。

CA 更新サーバーのロール

IdM CA 証明書、IdM CA サブシステム 証明書、および IdM RA 証明書は、IdM デプロイメントに重要です。各証明書は、/etc/pki/pki-tomcat/ ディレクトリーの NSS データベースおよび LDAP データベースのエントリーに保存されます。LDAP に保存されている証明書は、NSS データベースに保存されている証明書に一致する必要があります。一致しない場合は、IdM フレームワークと IdM CA、および IdM CA と LDAP との間に認証エラーが発生します。

すべての IdM CA レプリカは、すべてのシステム証明書への追跡リクエストがあります。統合 CA を備えた IdM デプロイメントに CA 更新サーバーが含まれていない場合には、各 IdM CA サーバーはシステム証明書の更新を個別に要求します。これにより、異なる CA レプリカにさまざまなシステム証明書が含まれるようになり、認証に失敗します。

CA レプリカの 1 つを更新サーバーとすることで、システム証明書が必要に応じて一度だけ更新されるため、認証が失敗しないようになります。

CA レプリカ上の certmonger サービスのロール

すべての IdM CA レプリカで実行している certmonger サービスは、dogtag-ipa-ca-renew-agent 更新ヘルパーを使用して、IdM システム証明書を追跡します。更新ヘルパープログラムは、CA 更新マスター設定を読み取ります。CA 更新サーバー以外の各 CA レプリカで、更新ヘルパーが ca_renewal LDAP エントリーから最新のシステム証明書を取得します。certmonger の更新の試みが正確に行われる際に、非決定論により、CA 更新サーバーが実際に証明書を更新する前に、dogtag-ipa-ca-renew-agent ヘルパーがシステム証明書の更新を試みることがあります。この状況が発生すると、CA レプリカの certmonger サービスに、すぐに有効期限が切れる古い証明書が提供されます。certmonger は、これデータベースにすでに保存されているのと同じ証明書であることを認識し、CA 更新サーバーから更新された証明書を取得できるまで、個々の試行の間に少し遅れて証明書の更新を試行し続けます。

IdM CA 更新サーバーの適切な機能

埋め込み CA のある IdM デプロイメントは、IdM CA でインストールされた、または後で IdM CA サーバーがインストールされた IdM デプロイメントです。組み込み CA を使用した IdM デプロイメントでは、常に更新サーバーとして設定された CA レプリカが 1 つだけ必要になります。更新サーバーはオンラインで完全に機能し、その他のサーバーで正しく複製する必要があります。

ipa server-del コマンド、ipa-replica-manage del コマンド、ipa-csreplica-manage del コマンド、または ipa-server-install --uninstall コマンドを使用して、現在の CA 更新サーバーを削除すると、別の CA レプリカが CA 更新サーバーとして自動的に割り当てられます。このポリシーは、更新されたサーバー設定を有効に保つようにします。

このポリシーは、以下の状況を対象としません。

  • オフライン更新サーバー

    更新サーバーが長期間オフラインであると、更新ウィンドウが表示されない場合があります。この場合、更新されていないすべてのサーバーでは、証明書が期限切れになるまで現在のシステム証明書を再インストールし続けます。これが発生すると、証明書が失効した場合でも、その他の証明書の更新が失敗する可能性があるため、IdM デプロイメントが中断されます。

  • レプリケーションの問題

    更新サーバーと他の CA レプリカとの間でレプリケーションの問題が存在する場合は、更新が成功する可能性もありますが、その他の CA レプリカが、期限切れになる前に更新された証明書を取得できなくなる可能性があります。

    この問題を回避するには、レプリカ合意が正しく機能することを確認してください。詳細は、RHEL 7 の Linux ドメイン ID、認証、およびポリシーガイド一般的 または 特定 のレプリケーションのトラブルシューティングガイドラインを参照してください。