Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第13章 IdM CA サーバーでの CRL の生成

IdM デプロイメントで埋め込み認証局 (CA) を使用する場合は、証明書失効リスト (CRL) の生成を 1 つの Identity Management (IdM) サーバーから別のサーバーに移動する必要になることがあります。たとえば、サーバーを別のシステムに移行する場合に必要になる場合があります。

CRL を生成するサーバーは 1 台だけ設定します。CRL パブリッシャーロールを実行する IdM サーバーは通常、CA 更新サーバーロールを実行するサーバーと同じですが、この設定は必須ではありません。CRL パブリッシャーサーバーの使用を停止する前に、別のサーバーを選択して CRL パブリッシャーサーバーロールを実行するように設定します。

この章では、以下について説明します。

  • IdM サーバーでの CRL 生成の停止
  • IdM レプリカでの CRL 生成の開始

13.1. IdM サーバーでの CRL 生成の停止

IdM CRL パブリッシャーサーバーで証明書失効リスト (CRL) の生成を停止するには、ipa-crlgen-manage コマンドを使用します。生成を無効にする前に、サーバーで実際に CRL が生成されることを確認してください。その後、無効にすることができます。

前提条件

  • root としてログインしている。

手順

  1. サーバーが CRL を生成しているかどうかを確認します。

    [root@server ~]# ipa-crlgen-manage status
    CRL generation: enabled
    Last CRL update: 2019-10-31 12:00:00
    Last CRL Number: 6
    The ipa-crlgen-manage command was successful
  2. サーバーで CRL の生成を停止します。

    [root@server ~]# ipa-crlgen-manage disable
    Stopping pki-tomcatd
    Editing /var/lib/pki/pki-tomcat/conf/ca/CS.cfg
    Starting pki-tomcatd
    Editing /etc/httpd/conf.d/ipa-pki-proxy.conf
    Restarting httpd
    CRL generation disabled on the local host. Please make sure to configure CRL generation on another master with ipa-crlgen-manage enable.
    The ipa-crlgen-manage command was successful
  3. サーバーが CRL の生成を停止したかどうかを確認します。

    [root@server ~]# ipa-crlgen-manage status

サーバーで CRL の生成が停止されました。次の手順は、IdM レプリカで CRL 生成を有効にすることです。