Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.8.2. AD サイトの自動検出の上書き

自動検出プロセスを上書きするには、/etc/sssd/sssd.conf ファイルの [domain] セクションに ad_site オプションを追加して、クライアントが接続する AD サイトを指定します。この例では、クライアントが ExampleSite AD サイトに接続するように設定します。

前提条件

  • SSSD サービスを使用して、RHEL ホストを Active Directory 環境に追加している。
  • root ユーザーとして認証できるため、/etc/sssd/sssd.conf 設定ファイルを編集できます。

手順

  1. テキストエディターで /etc/sssd/sssd.conf ファイルを開きます。
  2. AD ドメインの [domain] セクションに ad_site オプションを追加します。

    [domain/ad.example.com]
    id_provider = ad
    ...
    ad_site = ExampleSite
  3. /etc/sssd/sssd.conf 設定ファイルを保存して閉じます。
  4. SSSD サービスを再起動して、設定の変更を読み込みます。

    # systemctl restart sssd