Menu Close

第2章 Samba Winbind を使用して RHEL システムを AD に直接接続

RHEL システムを AD に接続するには、2 つのコンポーネントが必要です。1 つのコンポーネント Samba Winbind は AD のアイデンティティーおよび認証ソースと対話し、もう 1 つのコンポーネントである realmd は利用可能なドメインを検出し、基盤となる RHEL システムサービス (この場合は Samba Winbind) が AD ドメインに接続するように設定します。

本セクションでは、Samba Winbind を使用して RHEL システムを Active Directory (AD) に接続する方法を説明します。

2.1. Samba Winbind を使用した直接統合の概要

Samba Winbind は、Linux システムで Windows クライアントをエミュレートし、AD サーバーと通信します。

realmd サービスを使用すると、以下を実行して Samba Winbind を設定できます。

  • ネットワーク認証およびドメインメンバーシップの標準的な設定。
  • アクセス可能なドメインおよびレルムに関する情報を自動的に検出します。
  • ドメインまたはレルムに参加するために高度な設定を必要としません。

以下の点に留意してください。

  • マルチフォレストの AD 設定における Winbind との直接統合は、双方向の信頼が必要になります。
  • idmap_ad プラグインがリモートフォレストユーザーを正常に処理するには、リモートフォレストがローカルフォレストを信頼する必要があります。

Samba の winbindd サービスは、Name Service Switch (NSS) のインターフェースを提供し、ローカルシステムにログインする際にドメインユーザーが AD に対して認証できるようにします。

winbindd を使用すると、追加のソフトウェアをインストールしなくてもディレクトリーとプリンターを共有する設定が強化されます。詳細は、『さまざまな種類のサーバーのデプロイメント』の「Samba をサーバーとして使用」を参照してください。

関連情報

  • man ページの realmd を参照してください。
  • man ページの winbindd を参照してください。