第5章 AD および RHEL で一般的な暗号化タイプに対応

デフォルトでは、Identity Management は RC4、AES-128、および AES-256 の Kerberos 暗号化タイプに対応するレルム間の信頼を確立します。さらに、デフォルトでは、SSSD と Samba Winbind は RC4、AES-128、および AES-256 の Kerberos 暗号化タイプに対応します。

RC4 暗号化は、新しい暗号化タイプ AES-128 および AES-256 よりも安全ではないと見なされるため、デフォルトで非推奨となり、無効にされています。一方、Active Directory (AD) ユーザーの認証情報と AD ドメイン間の信頼は RC4 暗号化をサポートしており、すべての AES 暗号化タイプには対応していない可能性があります。

一般的な暗号化タイプがないと、RHEL ホストと AD ドメイン間の通信が機能しないか、一部の AD アカウントが認証できない可能性があります。この状況に対処するには、次のセクションで説明する設定のいずれかを実行します。

重要

IdM が FIPS モードの場合、IdM-AD 統合は機能しません。これは、AD は RC4 または AES HMAC-SHA1 暗号化の使用しかサポートしない一方で、FIPS モードの RHEL 9 は、デフォルトでは AES HMAC-SHA2 しか許可しないためです。RHEL 9 で AES HMAC-SHA1 の使用を有効にするには、# update-crypto-policies --set FIPS:AD-SUPPORT と入力してください。

IdM は、より制限の厳しい FIPS:OSPP 暗号化ポリシーはサポートしていません。このポリシーは、Common Criteria で評価されたシステムでしか使用できません。

5.1. AD での AES 暗号化の有効化 (推奨)

AD フォレストの Active Directory (AD) ドメイン間の信頼を確保して、強力な AES 暗号化の種類に対応するには、Microsoft の記事 AD DS: Security: Kerberos "Unsupported etype" error when accessing a resource in a trusted domain を参照してください。