Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.3. IdM のカスタム設定要件

DNS、Kerberos、Apache、Directory Server などのサービスのカスタム設定を行わずに、クリーンなシステムに Identity Managementt (IdM) をインストールします。

IdM サーバーのインストールは、システムファイルを上書きして、IdM ドメインを設定します。IdM は、元のシステムファイルを /var/lib/ipa/sysrestore/ にバックアップします。ライフサイクルの最後に Identity Management サーバーをアンインストールすると、このファイルが復元します。

1.3.1. IdM における IPv6 要件

IdM システムでは、カーネル内で IPv6 プロトコルが有効になっている必要があります。IPv6 が無効になっていると、IdM サービスが使用する CLDAP プラグインが初期化に失敗します。

注記

ネットワーク上で IPv6 を有効にする必要はありません。