Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

14.8. インストール後のデプロイメント実行時の IdM クライアントのサーバーとの通信

Identity Management (IdM) フレームワークのクライアント側は 2 つの異なるアプリケーションで実装されます。

  • ipa コマンドラインインターフェイス (CLI)
  • (オプション) ブラウザーベースの Web UI

CLI のインストール後の操作 は、IdM クライアントのインストール後のデプロイメント実行時に CLI により実行される操作を表示します。Web UI のインストール後の操作 は、IdM クライアントのポストインストールのデプロイメント実行時に Web UI により実行される操作を示します。

表14.2 CLI のインストール後の操作

操作使用プロトコル目的

クライアントシステムに設定した DNS リゾルバーに対する DNS 解決

DNS

IdM サーバーの IP アドレス検出。

IdM レプリカ上のポート 88 (TCP/TCP6 および UDP/UDP6) およびポート 464 (TCP/TCP6 および UDP/UDP6) への要求

Kerberos

Kerberos チケットの取得。Kerberos パスワードの変更。IdM Web UI への認証。

検出または設定された IdM サーバー上の IdM Apache ベースの Web サービスへの JSON-RPC 呼び出し

HTTPS

ipa ユーティリティーの使用。

表14.3 Web UI のインストール後の操作

操作使用プロトコル目的

検出または設定された IdM サーバー上の IdM Apache ベースの Web サービスへの JSON-RPC 呼び出し

HTTPS

IdM Web UI ページの取得。

関連情報

  • SSSD デーモンが IdM および Active Directory サーバーで利用可能なサービスと通信する方法の詳細については、SSSD 通信パターン を参照してください。
  • certmonger デーモンが IdM および Active Directory サーバーで利用可能なサービスと通信する方法の詳細については、Certmonger 通信パターン を参照してください。