Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.8. IdM サーバーに必要なパッケージのインストール

以下の手順は、IdM の環境設定に必要なパッケージのダウンロード方法を示しています。

前提条件

  • RHEL システムを新しくインストールしている。
  • 必要なリポジトリーを利用できるようにしている。

    • RHEL システムがクラウドで稼働していない場合は、Red Hat Subscription Manager (RHSM) でシステムを登録している。詳細は、Subscription Manager コマンドラインでサブスクリプションの登録、割り当て、および削除 を参照してください。IdM が使用する BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーも有効にしている。

      # subscription-manager repos --enable=rhel-9-for-x86_64-baseos-rpms
      # subscription-manager repos --enable=rhel-9-for-x86_64-appstream-rpms

      RHSM を使用して特定のリポジトリーを有効または無効にする方法は、Red Hat Subscription Manager でオプションの設定 を参照してください。

    • RHEL システムがクラウドで実行している場合は、登録を省略します。必要なリポジトリーは、Red Hat Update Infrastructure (RHUI) から入手できます。

手順

  • IdM の要件に応じて、以下のいずれかのオプションを選択します。

    • 統合 DNS のない IdM サーバーのインストールに必要なパッケージをダウンロードします。

      # dnf install ipa-server
    • 統合 DNS のある IdM サーバーのインストールに必要なパッケージをダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

      # dnf install ipa-server ipa-server-dns
    • Active Directory と信頼関係のある IdM サーバーのインストールに必要なパッケージをダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

      # dnf install ipa-server ipa-server-trust-ad samba-client