Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.2. 非対話型インストール

この手順では、統合 DNS のないサーバー、または統合 Identitiy Management (IdM) 認証局 (CA) を root CA (デフォルトの CA 設定) として持つサーバーをインストールします。

注記

ipa-server-install インストールスクリプトにより、/var/log/ipaserver-install.log にログファイルが作成されます。ログは、インストールに失敗した時の問題特定に役立ちます。

手順

  1. 必要に応じて必要な情報をすべて指定して、ipa-server-install ユーティリティーを実行します。非対話型インストールで最低限必要なオプションは次のとおりです。

    • --realm - Kerberos レルム名を指定します。
    • --ds-password - Directory Server のスーパーユーザーである Directory Manager (DM) のパスワードを指定します。
    • --admin-password - IdM 管理者である admin のパスワードを指定します。
    • --unattended - インストールプロセスでホスト名およびドメイン名のデフォルトオプションを選択するようにします。

    以下に例を示します。

    # ipa-server-install --realm IDM.EXAMPLE.COM --ds-password DM_password --admin-password admin_password --unattended
  2. インストールスクリプトは、以下の出力例の DNS リソースレコード でファイル (/tmp/ipa.system.records.UFRPto.db) を生成します。これらのレコードを既存の外部 DNS サーバーに追加します。DNS レコードの更新プロセスは、特定の DNS ソリューションによって異なります。

    ...
    Restarting the KDC
    Please add records in this file to your DNS system: /tmp/ipa.system.records.UFRBto.db
    Restarting the web server
    ...
    重要

    既存の DNS サーバーに DNS レコードを追加するまで、サーバーのインストールは完了しません。

関連情報

  • DNS システムに追加する必要がある DNS リソースレコードの詳細は、外部 DNS システムの IdM DNS レコード を参照してください。
  • ipa-server-install で使用できるオプションの完全リストを表示するには、ipa-server-install --help コマンドを実行します。