Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第15章 キックスタートによる IdM クライアントのインストール

キックスタートの登録により、Red Hat Enterprise Linux のインストール時に新しいシステムが自動的に Identity Management (IdM) ドメインに追加されます。

15.1. キックスタートによるクライアントのインストール

この手順では、キックスタートファイルを使用して Identity Management (IdM) クライアントをインストールする方法を説明します。

前提条件

  • キックスタートの登録前に sshd サービスを開始しない。クライアントを登録する前に sshd を開始すると、SSH キーが自動的に生成されますが、「クライアントインストール用のキックスタートファイル」 のキックスタートファイルは同じ目的でスクリプトを使用し、これが推奨される方法になります。

手順

  1. IdM サーバーでホストエントリーを事前作成し、エントリーの一時パスワードを設定します。

    $ ipa host-add client.example.com --password=secret

    キックスタートがこのパスワードを使用して、クライアントのインストール時に認証し、最初の認証試行後に無効にします。クライアントが正常にインストールされると、キータブを使用して認証が行われます。

  2. 「クライアントインストール用のキックスタートファイル」 に記載されている内容でキックスタートファイルを作成します。network コマンドを使用して、ネットワークがキックスタートファイルで適切に設定されているようにしてください。
  3. キックスタートファイルを使用して、IdM クライアントをインストールします。