Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

21.4. 統合 DNS および CA を使用しない IdM レプリカのインストール

この手順では、Identity Management (IdM) レプリカのインストールを説明します。

  • 統合 DNS のないサーバー
  • 必要な証明書を手動で用意し、認証局 (CA) なし。最初のサーバーが CA なしでインストールされていることを前提とします。
重要

インポートした証明書ファイルには、LDAP サーバーおよび Apache サーバーの証明書を発行した CA の完全な証明書チェーンが含まれている必要があるため、自己署名のサードパーティーサーバー証明書を使用してサーバーまたはレプリカをインストールすることはできません。

前提条件

手順

  • ipa-replica-install を実行して、次のオプションを追加して必要な証明書ファイルを指定します。

    • --dirsrv-cert-file
    • --dirsrv-pin
    • --http-cert-file
    • --http-pin

    このようなオプションを使用して提供されるファイルに関する詳細は、「CA なしで IdM サーバーをインストールするために必要な証明書」 を参照してください。

    以下に例を示します。

    # ipa-replica-install \
        --dirsrv-cert-file /tmp/server.crt \
        --dirsrv-cert-file /tmp/server.key \
        --dirsrv-pin secret \
        --http-cert-file /tmp/server.crt \
        --http-cert-file /tmp/server.key \
        --http-pin secret
    注記

    --ca-cert-file オプションを追加しないでください。ipa-replica-install ユーティリティーは、インストールした最初のサーバーから証明書のこの部分を自動的に取得します。