Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

21.3. 統合 DNS を省略し CA を使用した IdM レプリカのインストール

この手順では、Identity Management (IdM) レプリカのインストールを説明します。

  • 統合 DNS のないサーバー
  • 認証局 (CA) あり
重要

CA のあるレプリカを設定する場合は、レプリカの CA 設定がサーバーの CA 設定を反映する必要があります。

たとえば、サーバーに統合された IdM CA がルート CA として含まれている場合は、新しいレプリカも統合 CA をルート CA としてインストールする必要があります。この場合、他の CA 設定は使用できません。

ipa-replica-install コマンドに --setup-ca オプションを含めると、初期サーバーの CA 設定がコピーされます。

前提条件

手順

  1. --setup-ca オプションを指定して ipa-replica-install を実行します。

    # ipa-replica-install --setup-ca
  2. 新規作成された IdM DNS サービスレコードを DNS サーバーに追加します。

    1. IdM DNS サービスレコードを nsupdate 形式のファイルにエクスポートします。

      $ ipa dns-update-system-records --dry-run --out dns_records_file.nsupdate
    2. nsupdate ユーティリティーおよび dns_records_file.nsupdate ファイルを使用して DNS サーバーに DNS 更新リクエストを送信します。詳細は、RHEL 7 ドキュメントの nsupdate を使用した外部 DNS レコード更新 を参照してください。または、DNS レコードの追加については、お使いの DNS サーバーのドキュメントを参照してください。