Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.4. IdM のタイムサービス要件

以下のセクションでは、chronyd を使用して、IdM ホストを中央タイムソースと同期させる方法を説明します。

1.4.1. IdM で chronyd を同期に使用する方法

このセクションでは、chronyd を使用して IdM ホストを中央のタイムソースと同期させる方法について説明します。

IdM の基礎となる認証メカニズムである Kerberos は、プロトコルの一部としてタイムスタンプを使用します。IdM クライアントのシステム時間が、KDC (Key Distribution Center) のシステム時間と比べて 5 分以上ずれると、Kerberos 認証に失敗します。

IdM インストールスクリプトは、IdM サーバーおよびクライアントが中央タイムソースと同期したままになるように、chronyd Network Time Protocol (NTP) クライアントソフトウェアを自動設定します。

IdM インストールコマンドに NTP オプションを指定しないと、インストーラーは、ネットワークの NTP サーバーを参照する _ntp._udp DNS サービス (SRV) レコードを検索し、その IP アドレスで chrony を設定します。_ntp._udp SRV レコードがない場合は、chronydchrony パッケージに同梱の設定を使用します。

注記

RHEL 8 では chronyd が優先されるため、ntpd は非推奨となっており、IdM サーバーは Network Time Protocol (NTP) サーバーとして設定されず、NTP クライアントとしてのみ設定されます。RHEL 7 の NTP サーバー の IdM サーバーロールも、RHEL 8 では非推奨になりました。