Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第6章 IdM サーバーのインストール:統合 DNS なしで、外部 CA をルート CA とするサーバー

本章では、統合 DNS なしで、外部認証局 (CA) をルート CA として使用する Identity Management (IdM) サーバーを新規インストールする方法を説明します。

注記

Red Hat は、IdM デプロイメントでの基本的な使用に、IdM 統合 DNS をインストールすることが推奨されます。IdM サーバーが DNS を管理する場合も、DNS とネイティブの IdM ツールとの間には厳格な統合があり、これにより、DNS レコード管理の一部が自動化されます。

詳細は、Planning your DNS services and host namesを参照してください。

6.1. ルート CA として外部 CA と共に IdM CA をインストールする際に使用されるオプション

以下の条件のいずれかが該当する場合、ルート CA として外部 CA と共に Identity Management IdM 認証局 (CA) をインストールすることができます。

  • ipa-server-install コマンドを使用して、新しい IdM サーバーまたはレプリカをインストールしようとしている。
  • ipa-ca-install コマンドを使用して、CA コンポーネントを既存の IdM サーバーにインストールしようとしている。

本セクションでは、ルート CA として外部 CA と共に IdM CA をインストールする際に証明書署名要求 (CSR) を作成するのに使用できる両方のコマンドのオプションを説明します。

--external-ca-type=TYPE
外部 CA のタイプ。設定可能な値は generic および ms-cs です。デフォルト値は generic です。生成される CSR に Microsoft Certificate Services (MS CS) で必要なテンプレート名を追加するには、ms-cs を使用します。デフォルト以外のプロファイルを使用するには、--external-ca-type=ms-cs と共に --external-ca-profile オプションを使用します。
--external-ca-profile=PROFILE_SPEC

IdM CA の証明書を発行する際に MS CS が適用する証明書プロファイルまたはテンプレートを指定します。

--external-ca-profile オプションは、--external-ca-type が ms-cs の場合にのみ使用できます。

MS CS テンプレートは、以下のいずれかの方法で特定できます。

  • <oid>:<majorVersion>[:<minorVersion>]:証明書テンプレートは、オブジェクト識別子 (OID) およびメジャーバージョンで指定できます。任意でマイナーバージョンを指定することもできます。
  • <name>:証明書テンプレートは、名前で指定できます。名前には : 文字を含めることができず、OID を指定できません。そうでなければ、OID ベースのテンプレート指定子構文が優先されます。
  • default:この指定子を使用する場合には、テンプレート名 SubCA が使用されます。

特定のシナリオでは、Active Directory (AD) 管理者は、AD CS に組み込まれているテンプレートである Subordinate 認証局 (SCA) テンプレートを使用して、組織のニーズにより適した一意のテンプレートを作成できます。たとえば、新しいテンプレートでは有効期間や拡張機能をカスタマイズできます。関連付けられたオブジェクト識別子 (OID) は、AD 証明書テンプレート コンソールにあります。

AD 管理者が元の組み込みテンプレートを無効にしている場合は、IdM CA の証明書を要求する際に新しいテンプレートの OID または名前を指定する必要があります。AD 管理者に、新しいテンプレートの名前または OID を提供するよう依頼します。

元の SCA AD CS テンプレートがまだ有効にされている場合は、追加で --external-ca-profile オプションを使用せずに --external-ca-type=ms-cs を指定して使用できます。この場合、subCA 外部 CA プロファイルが使用されます。これは、SCA AD CS テンプレートに対応するデフォルトの IdM テンプレートです。