13.2. waypip を使用して、アプリケーションをリモートから起動する

SSH と waypipe を使用して、リモートクライアントから RHEL サーバー上の Wayland のグラフィカルアプリケーションにアクセスできます。

注記

この手順は、レガシー X11 アプリケーションでは機能しません。X11 アプリケーションについては、X11 上の個々のアプリケーションへのリモートアクセス を参照してください。

前提条件

  • Wayland ディスプレイサーバーがシステムで実行されています。RHEL 9 では、Wayland コンポジターとしての GNOME がデフォルトです。
  • waypipe パッケージは、クライアントとリモートシステムの両方にインストールされます。
  • アプリケーションは、Wayland でネイティブに実行できます。

手順

  1. waypipe と SSH を介してアプリケーションをリモートから起動します。

    [local-user]$ waypipe -c lz4=9 ssh remote-server application-binary
    
    The authenticity of host 'remote-server (192.168.122.120)' can't be established.
    ECDSA key fingerprint is SHA256:uYwFlgtP/2YABMHKv5BtN7nHK9SHRL4hdYxAPJVK/kY.
    Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])?
  2. フィンガープリントをチェックして、サーバーキーが有効であることを確認します。
  3. yes と入力して、接続を続行します。

    Warning: Permanently added 'remote-server' (ECDSA) to the list of known hosts.
  4. プロンプトが表示されたら、サーバーのパスワードを入力します。

    remote-user's password:
    [remote-user]$