11.3. サーバーでマルチユーザー VNC アクセスの有効化

この手順では、複数のユーザーが同時に VNC セッションを開くように RHEL サーバーを設定します。

前提条件

  • systemd ユニットファイルを使用して VNC を設定している場合は、古い VNC 設定を削除します。

    [root]# rm /etc/systemd/system/vncserver@.service

手順

  1. ユーザーをディスプレイとポート番号にぱっします。

    /etc/tigervnc/vncserver.users 設定ファイルで、VNC セッションをエクスポートする各サーバーユーザーに行を追加します。

    :user-number=user-name
    • user-number を、選択した既存ユーザーにマッピングされたポートおよびディスプレイ番号に置き換えます。
    • user-name を、選択した既存ユーザーのユーザー名に置き換えます。

    以下に例を示します。

    :2=vncuser
  2. ファイアウォールで TCP ポート 5900 から 5903 を開きます。

    [root]# firewall-cmd --permanent --add-service=vnc-server
  3. ファイアウォールルールを再読み込みします。

    [root]# firewall-cmd --reload
  4. 以下の行を /etc/tigervnc/vncserver-config-defaults 設定ファイルに追加します。

    session=gnome
    alwaysshared

    この設定には、以下の影響があります。

    • VNC サーバーは、リモートユーザーがログインすると GNOME セッションを開始します。
    • 複数のユーザーが同時に VNC サーバーに接続できます。
  5. VNC セッションをエクスポートする各サーバーユーザーとして、ユーザーの VNC パスワードを設定します。

    [regular-user]$ vncpasswd

    サーバー上のデスクトップに接続する場合は、リモートクライアントがこのパスワードを入力する必要があります。

  6. ユーザーに VNC を設定している場合は、設定ファイルに正しい SELinux コンテキストがあることを確認します。

    [regular-user]$ restorecon -RFv ~/.vnc
  7. 通常ユーザーの VNC サーバーユニットを有効にして起動します。

    [root]# systemctl enable --now vncserver@:user-number
  8. サーバーがプロプライエタリー Nvidia ドライバーを使用する場合は、Wayland を無効にします。

    1. /etc/gdm/custom.conf 設定ファイルの WaylandEnable=False 行のコメントを解除します。
    2. DefaultSession=gnome-xorg.desktop オプションを、設定ファイルの [daemon] セクションに追加します。
    3. サーバーを再起動します。

関連情報

  • 複数のサーバーユーザーへの VNC アクセスを有効にするには、5903 を超える TCP ポートを開きます。詳細は、Opening a port using CLI または Opening ports using GUI を参照してください。