Menu Close

3.2.6. データへのアクセスや変更を停止するための GDB ウォッチポイントの使用

多くの場合は、特定のデータが変更するまで、またはアクセスするまで、プログラムを実行させると有益です。このセクションでは、最も一般的なものを取り上げます。

前提条件

  • GDB の理解

GDB でのウォッチポイントの使用

ウォッチポイントは、プログラムの実行を停止するように GDB に指示を出すマーカーです。ウォッチポイントはデータに関連付けられています。ウォッチポイントを配置するには、変数、複数の変数、またはメモリーアドレスを記述する式を指定する必要があります。

  • データの 変更 (書き込み) を行うために、ウォッチポイントを 配置 するには、次を使用します。

    (gdb) watch expression

    expression を、監視する内容を記述する式に置き換えます。変数の場合、 は、変数の名前と同じです。

  • データ アクセス (読み込み) のためのウォッチポイントを 配置 するには、以下を実行します。

    (gdb) rwatch expression
  • 任意の データへのアクセス (読み取りおよび書き込みの両方) のためにウォッチポイントを 配置 するには、以下を実行します。

    (gdb) awatch expression
  • 全ウォッチポイントおよびブレークポイントの状態を 検査 するには以下を実行します。

    (gdb) info br
  • ウォッチポイントを 削除 するには、以下を実行します。

    (gdb) delete num

    num オプションを、info br コマンドで返された番号に置き換えます。

関連情報