Menu Close

3.3.2. strace でアプリケーションのシステムコールの監視

strace ツールは、アプリケーションを実行するシステム (カーネル) コールの監視を有効にします。

前提条件

  • strace がシステムにインストールされている。

手順

  1. 監視するシステムコールを特定します。
  2. strace を起動して、プログラムに割り当てます。

    • 監視するプログラムが実行していない場合は、strace を起動して、プログラム を指定します。

      $ strace -fvttTyy -s 256 -e trace=call program
    • プログラムがすでに実行中の場合は、プロセス id (pid) を検索して、その id に strace を割り当てます。

      $ ps -C program
      (...)
      $ strace -fvttTyy -s 256 -e trace=call -ppid
    • call を、表示するシステムコールに置き換えます。-e trace=call オプションを複数回使用できます。何も指定しない場合、strace はすべてのシステムコールタイプを表示します。詳細は、man ページの strace(1) を参照してください。
    • フォークしたプロセスまたはスレッドを追跡しない場合は、-f オプションを指定しないでください。
  3. strace は、アプリケーションで作成したシステムコールとその詳細を表示します。

    ほとんどの場合、システムコールのフィルターが設定されていないと、アプリケーションとそのライブラリーは多数の呼び出しを行い、strace 出力がすぐに表示されます。

  4. strace ツールは、プログラムが終了すると終了します。

    追跡しているプログラムの終了前に監視を中断するには、Ctrl+C を押します。

    • strace でプログラムを起動すると、そのプログラムは strace とともに中断します。
    • 実行中のプログラムに strace を割り当てると、そのプログラムは strace とともに中断します。
  5. アプリケーションが実行したシステム呼び出しの一覧を分析します。

    • リソースへのアクセスや可用性の問題は、エラーを返す呼び出しとしてログに表示されます。
    • システムコールに渡される値とコールシーケンスのパターンは、アプリケーションの動作の原因に関する洞察を提供します。
    • アプリケーションがクラッシュした場合、重要な情報はおそらくログの最後にあります。
    • 出力には不要な情報が多く含まれています。ただし、目的のシステムコールに対してより正確なフィルターを作成し、この手順を繰り返すことができます。
注記

出力を確認することにも、ファイルに保存することにも利点があります。これを行うには、tee コマンドを使用します。

$ strace ... |& tee your_log_file.log

関連情報