Menu Close

3.2. GDB を使用したアプリケーションの内部状況の検証

アプリケーションが正しく機能しない理由を特定するには、実行を制御し、デバッガーで内部状態を検証します。本セクションでは、このタスクに GNU Debugger (GDB) を使用する方法を説明します。

3.2.1. GNU デバッガー (GDB)

Red Hat Enterprise Linux には GNU デバッガー (GDB) が含まれ、コマンドラインユーザーインターフェースを使用して、プログラム内で何が起こっているかを調べることができます。

GDB 機能

1 つの GDB セッションで、以下のタイプのプログラムをデバッグできます。

  • マルチスレッドプログラムおよびフォークプログラム
  • 一度に複数のプログラム
  • TCP/IP ネットワーク接続経由で接続された gdbserver ユーティリティーを使用するリモートマシンまたはコンテナー内のプログラム

デバッグの要件

実行コードをデバッグするには、GDB では、その特定のコードのデバッグ情報が必要です。

  • ユーザーが開発したプログラムでは、コードの構築中にデバッグ情報を作成できます。
  • パッケージからインストールしたシステムプログラムの場合は、debuginfo パッケージをインストールする必要があります。