Menu Close

1.2. デバッグおよびソースのリポジトリーの有効化

Red Hat Enterprise Linux の標準インストールでは、デバッグリポジトリーおよびソースリポジトリーが有効になっていません。このリポジトリーには、システムコンポーネントのデバッグとパフォーマンスの測定に必要な情報が含まれます。

手順

  • ソースおよびデバッグの情報パッケージチャンネルを有効にします。$(uname -i) の部分は、システムのアーキテクチャーで一致する値に自動的に置き換えられます。

    アーキテクチャー名

    64 ビット Intel および AMD

    x86_64

    64 ビット ARM

    aarch64

    IBM POWER

    ppc64le

    64 ビット IBM Z

    s390x