Menu Close

2.2.4. GCC でのコードの最適化

1 つのプログラムは、複数の機械語命令シーケンスに変換できます。コンパイル時にコードを分析するためにより多くのリソースを割り当てると、より最適な結果が得られます。

GCC では、-Olevel オプションを使用して最適化レベルを設定できます。このオプションでは、level の部分に値を指定できます。

レベル説明

0

コンピレーション速度の最適化 - コードの最適化なし (デフォルト)

123

最適化して、コード実行速度を向上させます (数値が大きいほど、速度は高くなります)。

s

ファイルサイズを最適化します。

fast

レベルを 3 にして、fast にすると、厳密な標準準拠を無視して追加の最適化を可能にします

g

デバッグ作業の最適化

リリースビルドの最適化オプションは -O2 です。

開発中は、場合によってはプログラムやライブラリーのデバッグを行えるように、-Og オプションが便利です。バグによっては、特定の最適化レベルでのみ出現するため、リリースの最適化レベルでプログラムまたはライブラリーをテストしてください。

GCC では、個別の最適化を有効にするオプションが多数含まれています。詳細情報は、以下の関連資料を参照してください。

関連情報