Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.4.2. Microsoft Azure のデプロイメントに必要な設定変更を行う

カスタムベースイメージを Azure にデプロイする前に、追加の設定変更を実行して、仮想マシン (VM) が Azure で適切に動作できるようにする必要があります。

手順

  1. VMI にログインします。
  2. 仮想マシンを登録し、Red Hat Enterprise Linux 9 リポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager register --auto-attach
    Installed Product Current Status:
    Product Name: Red Hat Enterprise Linux for x86_64
    Status: Subscribed
  3. cloud-init および hyperv-daemons パッケージがインストールされていることを確認します。

    # dnf install cloud-init hyperv-daemons -y
  4. Azure サービスとの統合に必要な cloud-init 設定ファイルを作成します。

    1. Hyper-V Data Exchange Service (KVP) へのログ記録を有効にするには、/etc/cloud/cloud.cfg.d/10-azure-kvp.cfg 設定ファイルを作成し、そのファイルに次の行を追加します。

      reporting:
          logging:
              type: log
          telemetry:
              type: hyperv
    2. Azure をデータソースとして追加するには、/etc/cloud/cloud.cfg.d/91-azure_datasource.cfg 設定ファイルを作成し、そのファイルに次の行を追加します。

      datasource_list: [ Azure ]
      datasource:
          Azure:
              apply_network_config: False
  5. 特定のカーネルモジュールが自動的にロードされないようにするには、/etc/modprobe.d/blocklist.conf ファイルを編集または作成し、そのファイルに次の行を追加します。

    blacklist nouveau
    blacklist lbm-nouveau
    blacklist floppy
    blacklist amdgpu
    blacklist skx_edac
    blacklist intel_cstate
  6. udev ネットワークデバイスルールを変更します。

    1. 次の永続的なネットワークデバイスルールが存在する場合は削除します。

      # rm -f /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
      # rm -f /etc/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules
      # rm -f /etc/udev/rules.d/80-net-name-slot-rules
    2. Azure で Accelerated Networking が意図したとおりに動作するようにするには、新しいネットワークデバイスルール /etc/udev/rules.d/68-azure-sriov-nm-unmanaged.rules を作成し、次の行を追加します。

      SUBSYSTEM=="net", DRIVERS=="hv_pci", ACTION=="add", ENV{NM_UNMANAGED}="1"
  7. sshd サービスが自動的に起動するように設定します。

    # systemctl enable sshd
    # systemctl is-enabled sshd
  8. カーネルブートパラメーターを変更します。

    1. /etc/default/grub ファイルを開き、GRUB_TIMEOUT 行に次の値があることを確認します。

      GRUB_TIMEOUT=10
    2. 次のオプションがある場合は、GRUB_CMDLINE_LINUX 行の末尾から削除します。

      rhgb quiet
    3. /etc/default/grub ファイルに、指定されたすべてのオプションを含む次の行が含まれていることを確認します。

      GRUB_CMDLINE_LINUX="loglevel=3 crashkernel=auto console=tty1 console=ttyS0 earlyprintk=ttyS0 rootdelay=300"
      GRUB_TIMEOUT_STYLE=countdown
      GRUB_TERMINAL="serial console"
      GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1"
    4. grub.cfg ファイルを再生成します。

      # grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
  9. Windows Azure Linux Agent (WALinuxAgent) を設定します。

    1. WALinuxAgent パッケージをインストールして有効にします。

      # dnf install WALinuxAgent -y
      # systemctl enable waagent
    2. プロビジョニングされた VM でスワップパーティションが使用されないようにするには、/etc/waagent.conf ファイルの次の行を編集します。

      Provisioning.DeleteRootPassword=y
      ResourceDisk.Format=n
      ResourceDisk.EnableSwap=n
  10. Azure プロビジョニング用に VM を準備します。

    1. Red Hat Subscription Manager から仮想マシンの登録を解除します。

      # subscription-manager unregister
    2. 既存のプロビジョニングの詳細をクリーンアップします。

      # waagent -force -deprovision
      注記

      このコマンドは警告を生成しますが、Azure が VM のプロビジョニングを自動的に処理するため、これは想定されています。

    3. シェル履歴をクリーンアップし、仮想マシンをシャットダウンします。

      # export HISTSIZE=0
      # poweroff