Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第6章 Google Cloud Platform での Red Hat High Availability クラスターの設定

本章では、Google Compute Engine (GCE) 仮想マシンインスタンスをクラスターノードとして使用して、Google Cloud Platform (GCP) に Red Hat High Availability (HA) クラスターを設定する情報および手順を説明します。

本章の内容は次のとおりです。

  • GCP 用の環境を設定するための前提手順。環境を設定したら、仮想マシンインスタンスを作成および設定できます。
  • 個別のノードを GCP の HA ノードのクラスターに変換する HA クラスターの作成に固有の手順。これには、各クラスターノードに高可用性パッケージおよびエージェントをインストールし、フェンシングを設定し、ネットワークリソースエージェントをインストールする手順が含まれます。

前提条件

  • Red Hat Cloud Access プログラム に登録し、未使用の RHEL サブスクリプションが必要です。割り当てられたサブスクリプションには、各 GCP インスタンスの以下のリポジトリーへのアクセスが含まれている必要があります。

    • Red Hat Enterprise Linux 9 Server: rhel-9-server-rpms/8Server/x86_64
    • Red Hat Enterprise Linux 9 Server (High Availability): rhel-9-server-ha-rpms/8Server/x86_64
  • アクティブな GCP プロジェクトに属し、プロジェクトでリソースを作成するのに十分なパーミッションを持っている必要があります。
  • プロジェクトには、個別ユーザーではなく、仮想マシンインスタンスに属する サービスアカウント が必要です。別のサービスアカウントを作成する代わりに、デフォルトのサービスアカウントを使用する方法は、Using the Compute Engine Default Service Account を参照してください。

またはプロジェクト管理者がカスタムサービスアカウントを作成する場合、サービスアカウントは以下のロールに設定する必要があります。

  • クラウドトレースエージェント
  • コンピュート管理者
  • コンピュートネットワーク管理者
  • クラウドデータベースユーザー
  • ロギング管理者
  • 監視エディター
  • 監視メトリックライター
  • サービスアカウント管理者
  • ストレージ管理者

6.1. 関連情報