Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.4.2. RHEL インストールの完了

仮想マシンが起動したら、以下の手順を実行してインストールを完了し、root アクセスを有効にします。

手順

  1. インストールプロセス中に使用する言語を選択します。
  2. インストール概要 ビューで、以下を行います。

    1. ソフトウェアの選択 をクリックし、最小インストール を選択します。
    2. 完了 をクリックします。
    3. インストール先 をクリックし、ストレージ設定カスタム を選択します。

      • /boot で、500 MB 以上であることを確認してください。残りの領域は、root / に使用できます。
      • 標準のパーティションが推奨されますが、論理ボリューム管理 (LVM) を使用することも可能です。
      • ファイルシステムには、xfs、ext4、ext3 などを使用できます。
      • 変更が完了したら、完了 をクリックします。
  3. インストールの開始 をクリックします。
  4. Root パスワード を設定します。必要に応じて、他のユーザーを作成します。
  5. インストールが完了したら、仮想マシンを再起動して root でログインします。
  6. イメージを設定します。

    1. 仮想マシンを登録し、Red Hat Enterprise Linux 9 リポジトリーを有効にします。

      # subscription-manager register --auto-attach
    2. cloud-init パッケージがインストールされ、有効になっていることを確認します。

      # dnf install cloud-init
      # systemctl enable --now cloud-init.service
  7. 仮想マシンの電源をオフにします。