Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第1章 Microsoft Azure での仮想マシンとして Red Hat Enterprise Linux イメージをデプロイ

Microsoft Azure に Red Hat Enterprise Linux 9(RHEL 9) イメージをデプロイするには、以下の情報に従ってください。本章の内容は次のとおりです。

  • イメージを選ぶ際の選択肢について
  • ホストシステムおよび仮想マシン (VM) のシステム要件の一覧または参照
  • ISO イメージからカスタム仮想マシンを作成し、そのイメージを Azure にアップロードして、Azure 仮想インスタンスを起動する手順
重要

ISO イメージからカスタム仮想マシンを作成することは可能ですが、Red Hat Image Builder 製品を使用して、特定のクラウドプロバイダーで使用するようにカスタマイズされたイメージを作成することを推奨します。Image Builder を使用すると、Azure Disk Image (VHD 形式) を作成してアップロードできます。詳細は Composing a Customized RHEL System Image を参照してください。

Azure でセキュアに使用できる Red Hat 製品の一覧は、Red Hat on Microsoft Azure を参照してください。

前提条件

  • Red Hat カスタマーポータル のアカウントに登録している。
  • Microsoft Azure アカウントに登録している。
  • Red Hat Cloud Access プログラムでサブスクリプションが有効になっている。Red Hat Cloud Access プログラムでは、Red Hat サブスクリプションを、物理システムまたはオンプレミスシステムから、Red Hat のフルサポートのある Azure へ移動できます。

1.1. 関連情報