Menu Close

第3章 重複排除した論理ボリュームと圧縮論理ボリュームの作成

VDO 機能を使用する LVM 論理ボリュームを作成して、データを重複排除して圧縮できます。

3.1. LVM-VDO デプロイメントシナリオ

LVM 上の VDO (LVM-VDO) は、さまざまな方法でデプロイして、以下に対して、重複排除したストレージを提供できます。

  • ブロックアクセス
  • ファイルアクセス
  • ローカルストレージ
  • リモートストレージ

LVM-VDO は、通常の論理ボリューム (LV) として重複排除したストレージを公開するため、そのストレージを標準ファイルシステム、iSCSI および FC のターゲットドライバー、または統合ストレージとして使用できます。

注記

現在、LVM-VDO への Ceph Storage のデプロイメントはサポートされていません。

KVM

DAS (Direct Attached Storage) を使用して設定した KVM サーバーに LVM-VDO をデプロイできます。

KVM を使用した LVM-VDO デプロイメント
ファイルシステム

VDO LV にファイルシステムを作成して、NFS サーバーまたは Samba で、NFS ユーザーまたは CIFS ユーザーに公開します。

重複排除した NAS
iSCSI ターゲット

VDO LV 全体を、iSCSI ターゲットとしてリモート iSCSI イニシエーターにエクスポートできます。

重複排除したブロックストレージターゲット
暗号化

DM Crypt などのデバイスマッパー (DM) メカニズムは VDO と互換性があります。VDO LV ボリュームの暗号化により、データセキュリティーと、VDO LV にある全ファイルシステムが重複排除されるようになります。

暗号化での LMM-VDO の使用
重要

VDO LV で暗号化層を適用すると、データの重複排除が行われてもほとんど行われません。暗号化により、VDO が重複を排除する前に、重複ブロックを変更します。

常に VDO LV の下に暗号化層を配置します。