Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

12.2. RHEL 9 における TPM 1.2 セキュア暗号プロセッサーのサポートに関する注目すべき変更

TPM 1.2 セキュア暗号プロセッサーは、RHEL 9 ではサポート対象外になる

TPM (Trusted Platform Module) セキュア暗号プロセッサーバージョン 1.2 が削除され、RHEL 9 以降のバージョンではサポートされなくなりました。TPM 2.0 は、TPM 1.2 に代わるもので、TPM 1.2 よりも改善されています。TPM 2.0 は下位互換性がありません。

TPM 1.2 に対応する必要があるアプリケーションの場合、Red Hat では RHEL 8 を使用することが推奨されます。